きっかけ

ご訪問ありがとうございます!!

ジャニーズの嵐が好きになって、写真(2D)を立体(3D)にしてみたくなり

①小さいくてかわいい物が好き

②作る費用も手頃

③根気があれば続けられる

と言う制限の下、お友達の紹介で樹脂粘土作家さんと巡り合えました。

2,000体

元々器用でない私が、10センチに満たないお人形の小さいパーツを

うまく作ることが出来るはずもなく、その上、衣装の柄や配色、パーツ間のバランスを

表現できず、失敗を重ねていく中で、2,000体を超えた辺りから

自分のイメージ通りの作品が出来る様になったと感じます

種類

最初、私の好きな潤君を作っていたのですが、私の作品を見たお友達に

「私にも作って欲しい‼」と言うリクエストに応えていく中、嵐メンバーの大野君

やニノ、相葉君、翔君を作るようになり、要望も、 このコンサートのこの楽曲の衣装でとか

ある番組のこの衣装でとか、5人をこの衣装でと広がっていきました。

また、出来上がつた作品を、お友達のお店に展示してもらう機会があり

その作品をご覧になった一般の方からの依頼で

嵐から離れ、スケーターの羽生君、宇野君、マトリックスのキアヌ・リーヴス、E.YAZAWA

あゆ、安室ちゃん、一般の仲良しグループ、愛犬、愛猫、お孫さんと幅広く作る様に

なりました。

どんな感じ

私の作品の特徴でもある、生き物の印象を決める「目」の形が丸か楕円の2種類なので

髪形や衣装、パーツ間のバランスで、いかに雰囲気を出せるかが、今も悩む所です。

なので、出来上がった作品は、「精巧なつくり」ではなく「なんか似ている」

「味がある」とか「愛着がわく」と言われます。

そんな感じの私の作品達が気になった方はこちらをクリックして問い合わせてくださいね

宜しくお願い致します。

JUNNA